アーカイブ

ホーム > アーカイブ

イヌ、ネコの嘔吐

  犬や猫は人と比べると比較的よく吐く動物です。 その原因は様々で、生理現象として吐くこともあれば、深刻な病気が潜んでいることもあります。 全て合わせると200前後にもなり、嘔吐の症状だけで原因を特定するのはな […]

2016年01月16日

便が細くなってきた、赤色尿~イヌの前立腺肥大

1か月ほど前から時々赤い尿を出す雑種のオスのワンちゃん。 排尿障害はありませんが、数か月前から便が細くなっているとのこと。 去勢手術はしておらず、年齢は9歳。 今のところ食欲には問題はありません。 赤い尿を出す病気は、 […]

2015年12月15日

トキソプラズマ

トキソプラズマは原虫一種で、ヒトも含め、ほとんどの哺乳類、鳥類に感染する寄生虫で人獣共通感染症(ズーノーシス)です。 ネコ科の動物のみ便の中にトキソプラズマの虫体(オーシスト)が排泄されます。 特に、妊娠中の女性が初めて […]

2015年11月25日

耳血腫

突然耳が腫れて気にしていると言うラブラドール レトリバー 耳介が倍くらいに膨れています。 以前から耳を痒がっていたようで、数日前から急に腫れてきたとのこと。   痛みはなさそうですが耳は重たそうに垂れ下がり、耳 […]

2015年10月23日

ウサギの消化器

草食動物であるウサギは常に食べ続け、消化管も休むことなく働き続けています。 ウサギの消化管はイヌ・ネコと大きく異なり、低栄養で高繊維の牧草などを消化し、効率よく利用するための特徴を持っています。 ◎ウサギの歯◎ ウサギの […]

2015年09月25日

エキノコックスのこと

エキノコックスは条虫の一種で、単包条虫、多包条虫等4種類ありますが、北海道で問題になっているのは多包条虫という種類です。 イヌ科の動物(イヌ、キツネなど)が「終宿主(成虫が寄生する宿主)」で、ヒトやネズミは「中間宿主(寄 […]

2015年08月28日

クスリの話-イヌの僧房弁閉鎖不全症

心臓には4つの部屋があり、4か所に弁があります。血液を送り出すときに心臓の弁が仕切りとなって、血液の逆流を防いでいます。血液が逆流すると、せっかく送った血液が戻ってくるため、もっと力を入れて血液を送らなければなりません。 […]

2015年07月21日

発熱

    ウイルスや細菌などの異物が侵入してくると体は熱を発します。 そのメカニズムは 体の中の免疫系細胞は、ウイルスや細菌などの異物が侵入してくると、白血球やマクロファージと呼ばれる細胞で、それらの異 […]

2015年06月24日

腹水

お腹の隙間(腹腔)に液体が通常よりたくさん溜まったもので、血管の水分に圧力が加わり、腹腔に染み出た状態です。 多くの場合、血液中のタンパク(特にアルブミン)が減少します。 進行すると腹水によりお腹が膨れ、動きが鈍くなり、 […]

2015年05月13日

ネコの腎不全

    1ヶ月前から食欲が落ちてきた16歳のオスのネコちゃん 次第に痩せてきました。数ヶ月前から多飲多尿だったようです。   食欲が落ちる原因は胃腸障害のほか、腎不全、肝不全、膵炎、口腔の問 […]

2015年04月08日

このページのトップへ ▲